Column コラム

Share Button

前回のエントリーからだいぶ時間が経ってしまったが、その間にも様々な世の関心を集める話題や出来事があった。つい先日までは憲法改正の是非を絡めた安保法案に関する問題と新国立競技場の建築費の問題、そして今が旬と言えるのは、オリンピックのエンブレム関連の問題だろう。

エンブレム問題についてのこれまでの経緯の詳細は報道されているとおりであるが、この問題の難しいところは、どこまでが類似かそうでないか、どこまでが模倣や盗用か、ということの明確な判断基準や線引きが主観的で曖昧なところであろう。類似かそうでないかについて言えば、あのエンブレムをベルギーの例のものと似ていると思う人もいれば、そうでないと思う人もいるということである。そこに厳密な意味での正解はない。

そして模倣や盗用かは、さらに基準が難しい。これだけ情報が世に溢れている時代に、意識的にであれ無意識的にであれ、何らの先例も参考にしないということはありえないだろうし、逆に全ての先例を調査して模倣や盗用であると万人からクレームを受ける可能性を完全に排除するということも、また不可能に近いことだろうからである。

この問題については、いわゆるデザインの専門家から業界関係者としての意見も出されているようであり、大まかに言えばその趣旨は、デザイナーとして先例を参考とすることはどんな場合でも何らかの形で行われているものだとか、チームとして作業する場合には末端のスタッフの作業まで全て監視することはできない、といったことのようである。そして新国立競技場の問題についても、いわゆる設計の専門家から、単にあのデザインの外観や建築費の高騰だけを槍玉に挙げて批判するのは現実的ではなく、それまで長期間に亘って地道に積み上げてきた議論や検討の内容を考慮した上で現実的に採りうる最善の選択肢を選ぶべきであるとか、発注者側に要件とコストの両方を睨みながら適切に依頼するという視点が欠けていたといったようなコメントがなされているようである。

もとより私は、上記の問題で批判の対象となっている方々を擁護するつもりも、逆にこれ以上さらに批判に加勢するつもりも毛頭ないが、ここで出されている専門家としての視点については部分的に共感できるところがある。

「○○に関する契約書を、雛形的にチャチャっと作ってもらえませんか。」「この契約を検討して、ザッと問題点についてコメントをいただけませんか。」法律実務家であれば、一度や二度はこのような依頼を受けたことがあるのではないだろうか。全ての取引に通用する一般的かつ万能な契約書などはありえず、また個別具体的にその時に問題となっている取引や事案の背景を検討することなくこのような依頼を処理することは基本的にはできないのであるが、そのようなプロセスを経ることなくいきなり成果物に辿り着くことができると考えている依頼者は、思いのほか多いという印象がある。

我々を含めた職業専門家の多くが求められるのは最終的には何らかの成果物を完成させることではあるが、その完成そのものよりも、そこに辿り着くまでの検討のプロセスの方に圧倒的な時間と労力を掛けている(又は掛けなければならない)のが実際であろう。出来上がりはわずか数ページの契約書やメモであるとしても、その過程で検討された、又は検討されたが採用されなかった内容は、その何倍にも及ぶのが通常である。が、これらのことは我々法律家にとっては常識であっても、もしかするとなかなか理解してもらえないことなのかもしれない。

今はインターネットの発展もあり、そのようなプロセスを排除した外に見える物のみを対象として、不特定多数の人が、安全地帯から集中砲火のように批判することが可能となった時代である。そして場合によっては、マスコミもそれを煽るかのように分かりやすい部分だけを取り上げて報道する傾向があるようにも見受けられる。もはや、そのような時代であることを嘆いてもしょうがなく、むしろ、専門家にはそういった自らにとっては常識であることでも丁寧に説明して理解してもらうようにする努力が、自分も含めた一般人には専門家にしか分からない領域があるかもしれないことに思いを馳せることが、そしてマスコミにはそういったことをできる限り分かりやすく紐解いて報道する努力が、それぞれ求められる時代になったと理解するのが正しいのかもしれない。そういった様々な方向からの歩み寄りにより、これまでのようなことが今後は繰り返されなくなることを、切に願う今日この頃である。

Share Button

たまにはちゃんと業務に関係することも書いてみよう、などと柄にもなく思わされてしまったのが、最近色々と報道されている大塚家具のお家騒動である。いわゆる委任状勧誘(プロキシー・ファイト)事案にそれなりに関与してきた者としては、本件において報道されていない裏側で起こっていることを想像するだけでも興味は尽きない。このような事案では双方が入念なメディア対応を行っていることもあるので、もしかするとこの程度の趣味のエントリーでも、監視の目が入っているかもしれない(笑)。もちろん、私がこの案件やそれに関わっている専門家らと一切の関係がないことは、念のために付言しておく。

事案の詳細については当事者から公表されている内容や報道されているとおりであるのでここでは立ち入らないが、一般に議決権行使比率が70パーセント程度と言われていることからすれば、本件が世間の注目を浴びていることによりここから多少上がることがあったとしても、どちらがトータルで30パーセント後半台の株主からの支持を集めることができるかで勝負が決まるということになる。そして公表されている情報や報道の内容からすれば、会長サイドと、社長が管理する資産管理会社及び社長を支持しているらしいファンドの議決権の合計は、それぞれほとんど同じくらいのようなので、勝敗を決するのはその他の機関投資家の動向ということになる。現在、双方が各投資家を回って必死に説得にあたっているところであろう。

あくまで一般的に言えば、我が国において会社提案を覆す形での委任状勧誘が成功する可能性はそれほど高くないし、世代的に近いこともあり、報道されている内容だけに基づけば、私としては社長の言い分に肩入れしたくなるところもあるのだが、もちろんどのような結果になるのかは蓋を開けてみなければ分からない。社長が管理する資産管理会社の議決権行使の適法性について争いがあるとの報道もされているので、もしかすると株主総会での結果が出た後も、総会決議の瑕疵を争う展開が続いていくのかもしれない。いずれにしても、今後の展開から目が離せないところである。

ただその一方で、本日の一部報道によれば、大塚家具と同業のニトリの営業利益が28期連続で過去最高を更新したとのことである。今回の一連の騒動で大塚家具のブランドイメージが少なからず毀損した面があることは否定できず、委任状勧誘の結果がどちらに転ぼうとも、大塚家具には厳しい前途が待っていると言わざるを得ないと思われる。

なお、同じように経営者間の争いが報じられている雪国まいたけについても色々と面白い問題点はありそうなので、こちらについてもまた機会があれば何か書いてみたい。余談となるが、個人的には今後はもう家具は買う気にはなれないが、まいたけなら気にせず食べてしまいそうなのは、食べ物に罪はないからなのか・・・

Share Button

またまた前回の更新から早くも4ヶ月以上が経過してしまいました。そして気付いてみると、本年4月に独立して自分の事務所を立ち上げてから、ほぼ9ヶ月が過ぎてしまっていました。なんとか最初の年越しを無難に迎えることができそうで、今はただとにかくホッとしております。

不安な気持ちを感じる余裕がないほど、この9ヶ月という時間はまさにあっという間に過ぎていきました。もちろん頭では分かっていたことですが、大きな組織を離れることにより、改めてこれまでいかに物心両面において周りの方々に支えられていたのかを痛感した9ヶ月でした。月並みですが、この感謝の気持ちをいつまでも忘れないように、ここに記しておきます。その一方で、独立という選択をしなければ得られなかったであろう多くの出会いがあり、そしてこれまでとは全く異なる新たな可能性への挑戦の機会に巡り合うこともできました。この幸運にも感謝以外の言葉が見当たりません。

そして、来年はこの新たな出会いと挑戦の機会をさらに羽ばたかせていけるよう、より一層研鑽を積む所存ですので、引き続き変わらぬご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。少なくとも、今年よりはマメにコラムを更新したいと思います(笑)。

末尾となりますが、これからますます寒さが厳しくなっていくようですので、皆様くれぐれもご自愛いただき、良いお年をお迎えください。

Share Button

せめてひと月に1回は更新しようと思っていたのに、あっという間に2か月が経ってしまいました。自分がその立場になってみて初めて、定期的かつ頻繁にウェブメディアなどに良質な記事を公開されている方々の凄さが身に染みて分かります。

それはさておき、前回と同様で恐縮ですが、今回もつかみはゴルフからです。仕事の関係上、男子女子を問わず、最近はプロの方とラウンドをご一緒させていただく機会が増えました。私は上手な方とご一緒させていただくのは大好きなので、そのような機会をいただいた時は毎回非常に楽しみにしているのですが、数少ないながらもこれまでの経験から、プロと言っても様々なタイプの方がいらっしゃることがだんだんと分かってきました。ゴルフとは関係のないこちらの仕事やプライベートの話などもうまく引き出しながらその場をとても盛り上げてくれる合コン幹事タイプ、初心者につきっきりでスイング指導を始める教え魔タイプ、一言も話さずにただ淡々とゴルフをするだけのツンデレタイプ・・・などなど。どれが良いとか悪いとかではなく、結局は一緒に回る人がどういうタイプだと心地良く感じるのかということに尽きるのですが、私個人は、ラウンド中にスイングの細かいところをいじられて対応できずにその日がメチャクチャになってしまって嫌な思いをした過去があるので、スイングについてはせいぜいワンポイント的なものにとどめ、むしろそれよりも斜面や深いラフから打つ時の注意点など、なかなか日々の練習だけでは身に付きにくい実践的なアドバイスをいただけると大変嬉しく思いますし、こちらからも折りをみてそのようなポイントについて話を伺うように意識したりしています。そして、そういった相性が合う方は非常に強く印象に残りますし、また機会があればぜひご一緒させていただきたいと思います。

弁護士と言っても最近はその業務内容は多様化していますが、本質的には、様々な場面での法的助言を提供するという、いわゆるサービス業の部類に属するものと私は考えています。ですので、上記のプロゴルファーの例の場合と同様に、クライアントが何を求めているのか、提供されたサービスはクライアントのリクエストに沿ったものか、ということで我々の仕事への評価が決まるということになります。とは言え、クライアントのタイプは様々ですし、同じ法的問題について全てのクライアントのリクエストが同じものであるとも限りません。クライアントと綿密にコミュニケーションを取りながら、相手の求めているものを汲み取るスキルが常に求められます。だいぶ前のことになりますが、企業の新人法務担当者からのご依頼で金融関連法規に関する比較的複雑な質問を受けました。しかし、徹底的に調べてもどうしても不明確なところが解消できず(だからこそわざわざ弁護士に問い合わせるわけなのですが)、相手が「新人」ということもあって、ついその不明確なところをわざと曖昧にしたまま回答してしまったことがありました。しかし、その「新人」から、すぐにその曖昧さを突く再質問をいただいてしまいました。後になって、その「新人」が一流大学卒業の法曹有資格者だったということが判明するのですが、「質問に対するあなたの回答の本質的な部分について、質問で返されたらあなたの仕事は不完全だったということです。」という尊敬する先輩の言葉を座右の銘にして仕事をしていた当時の私は、自分の未熟さを深く反省したものです。その後の綿密なフォローアップで、それ以降もその担当者からのご依頼を継続的にいただけた、というのが唯一の救いではあったのですが。

折しも2020年のオリンピック開催に向けて、「おもてなし」や「ホスピタリティ」といったキーワードをよく耳にします。これも言葉にするだけなら簡単なのですが、単に日本流のきめ細かいサービスを提供すればよいというだけではなく、これから日本に来られる方がどのような「おもてなし」を求めているのかという視点からの分析が必須でしょう。

そして私に関しては、仕事でもゴルフでも、ぜひもう一度ご一緒したいと思っていただける人間になることを目標にしたいものです。

Share Button

皆様、こんにちは。

事務所の開設にあたりこのように自分のウェブサイトも立ち上げることとなりましたので、せっかくの機会を生かし、僭越ながらコラム欄を設けさせていただきました。筆不精の私にとってこのような試みは無謀以外の何物でもないのですが、特にテーマを法律のことに限定せず、その時々に思いついたことを軽い気持ちで綴っていければと思いますので、お付き合い下さい。

さてサッカーのワールドカップがいよいよ始まり、寝不足の日々が続いている方も多いのではないのでしょうか。私はサッカーにはあまり詳しくないのですが、さすがに先週末の初戦の結果は残念でした。そして個人的にさらにもっと残念だったのが、同時に行なわれていたゴルフの全米オープンです。

がっかりしたのは、期待の松山選手が上位争いをできなかったからではありません。日本予選を通過した日本人プロ3名のうち、2名が予選を最下位とその一つ上の順位で敗退、そして予選を通過した1名も決勝進出者の中でダントツの最下位という結果に、です。さすがにこれには、残念を通り越して同じ日本人として恥ずかしさすら感じてしまいました。

日本予選を通過しても本戦で活躍する選手(どころか予選を通過する選手すら)がほとんどいないことは、全米オープンに限らずその他のメジャー大会に関しても、すでにだいぶ以前から言われていたことです。予選開催コースのレイアウトが悪いのか、距離が短いのか、グリーンが簡単すぎるのか、元々のプレイヤーのレベルが低いのか、はたまたそれら全てか。いずれにしても今回の日本予選が、本戦の開催コースであるパインハーストNo.2において求められている、ティショットの飛距離・セカンドショットでのロングアイアンの精度・荒地からのリカバリー力・亀甲羅グリーンへのアプローチといった要素への対応力を試すための予選としては適切ではなかったことは明らかなように思われます。語弊を恐れずに言えば、論述式の試験の受験資格をマークシートの試験で決めたような感じでしょうか。

結局のところこの問題は、どのような目的で予選という制度が存在し、そのためにはどのような制度がベストなのかという視点が欠落しているところに原因があるように思われます。そして、これと似たような問題が私の業界にも存在しているというのは、ややこじつけが過ぎるでしょうか。先日の一部報道によると、いくつかの有力法科大学院が予備試験に受験制限を設けるように提言したとのことです。私もかつて法科大学院の教壇に立っていましたので、あまり軽はずみなことを言うつもりはありませんが、法科大学院や予備試験そして究極的には司法試験や司法修習という制度が、誰のためにどのような目的で存在しているのか、という視点を持って議論されるべきであるという認識が欠落していることに、混乱の原因の一つがあるように思います。

もちろん制度というものは、それに利害関係を有する人々も絡めて長い年月をかけて構築されてきたものであり、一朝一夕に変えることは難しいでしょうし、いきなり劇的に変えるべきでないことも多いでしょう。しかしながら、ただのゴルフ好きの一法律家としては、両制度が達成しようとする目的に向けてよりふさわしいものへと改善されていくことを、切に願ってやみません。

テーマ

  • カテゴリーなし

アーカイブ

コラム内検索